コストコ牛タンスライスがまずい?血抜きや下処理など徹底調査!

コストコの牛タンスライスをイメージした画像 コストコ

コストコのお肉といえば、コスパが良く手軽にたくさんのお肉を食べられる点が魅力です!

中でも、普通に買うとお値段が高い「牛タンスライス」は、コストコでも人気があり、購入を考えている方は多いと思います。

しかし、せっかく購入した牛タンスライスがまずいともったいないですよね。

この記事では、コストコ牛タンスライスはまずいのか?

実際の血抜きや下処理の方法から、値段や冷凍保存についてまで幅広くご紹介いたします♪

ぜひ最後までご覧ください!

広告
スポンサーリンク

コストコ牛タンスライスがまずい?

コストコの牛タンスライスはまずいのか?をイメージした画像


コストコの牛タンスライスは、検索すると「まずい」と出てくるため味が心配になる方も多いのではないでしょうか。

まずくなる原因は、もしかしたら以下のいずれかに当てはまるかもしれません!

  • 血抜きを含めた下処理が不十分
  • 長期的に保存をしていたため消費期限が切れている
  • 美味しくない部位を食べた
  • 焼き方が誤っていた

上記にある通り、実際にはお肉がまずいのではなく、お肉を食べるまでの過程で不味くなってしまう可能性が高いです!

 

お肉を食べるまでの下処理や血抜きをしっかり行うことで、牛タンスライスを美味しく召し上がることができるのではないでしょうか?

 

この後下処理のやり方と血抜きの方法をご紹介いたします。

コストコ牛タンスライスの血抜き方法!

コストコの牛タンスライスを血抜きした後のイメージ画像

コストコの牛タンスライスの血抜き方法についてご紹介いたします。

工程自体は難しいものではないので、誰でも簡単にできると思います!

  1. よく水で洗う
  2. 水に小さじ2杯程度の塩を入れて漬けておく
  3. 塩水を2~3回入れ替えながら1~2時間ほど漬けておく
  4. 水気をよく切っておく

これで血抜きは完了です。

ここではどこの家にもある塩を使ったやり方を紹介しましたが、塩と一緒に重曹を入れて血抜きすることもできます。

重曹には肉の臭みを取り、柔らかくする効果があります。

おすすめのやり方は、塩とその2倍の量の重曹を入れて上記の流れで血抜きする方法です!

重曹はコストコ牛タンの血抜きに使えるだけでなく、便利なお掃除アイテムでもあるため持っていて損はありません♪

まずい牛タンにならないように、準備できる方はぜひおすすめのやり方で血抜きをしてみてください。

広告
スポンサーリンク

コストコ牛タンスライスの下処理は?

コストコ牛タンスライスを下処理して加熱しているイメージ画像

次に、牛タンスライスの下処理方法についてご紹介します。

血抜き処理も下処理の一つですが、血抜き処理に加えて

  • 切り込み
  • 筋切り

をすると、まずい牛タンにならずより美味しくお召し上がりいただけます!

「切り込み」は様々なやり方がありますが、簡単に言うと両面に包丁で軽く切り込みを入れることです。

切り込みのやり方は「格子状」「斜め」「1本だけ」など、牛タンスライスの元の厚さや好みに合わせて行ってください。

切り込みを入れると牛タンを噛み切りやすくなりますよ♪

「筋切り」はお肉にへばりついている白い筋を切ることです。

筋がついたまま食べると、口当たりが悪くなってしまいます。

もし目立つ白い筋があれば、切っておきましょう!

コストコ牛タンスライス下処理は牛乳?

コストコ牛タンスライスの下処理に牛乳を使うイメージ画像

コストコ牛タンスライスの下処理には、牛乳を使うのも効果的です。

牛乳には臭みを吸着してくれる効果があり、牛タン以外にレバーの臭みを取るためにも用いられています。

簡単な血抜きだけでは臭いが気になる方、臭いに敏感な方、以前買った牛タンがまずいと感じた方はぜひやってみてください。

  1. 上記で紹介した血抜きを行う
  2. バットやお皿など液体を入れてお肉を浸せる容器にお肉を並べる
  3. 牛乳を流し込み、お肉が8割以上浸かるようにする
  4. 冷蔵庫で一晩寝かせておく

一晩時間がかかってしまいますが、牛乳がじっくりとお肉の臭みを消してくれます。

牛乳がピンク色っぽくなっていれば、血抜きができている証拠です。

そのまま焼いても良いですが、牛乳の臭いがついているためキッチンペーパーなどで拭き取ってから焼くのがおすすめです。

コストコ牛タンスライスの値段!

コストコ牛タンスライスのイメージ画像

コストコ牛タンスライスの値段は、いくらぐらいでしょうか?

せっかく牛タンを買うならお得なものを買いたいですよね。

コストコの牛タンスライスと、他の牛タンの値段を比較してみましょう。

金額の上下はありますが、100gあたりのおよその値段がこちらです。

                   (以下全て税込み価格)

コストコ 牛タンスライス約600円
コストコ 牛タン 塊肉約400円
外国産 牛タン約1000円
国産 牛タン約2500円

税込みでだいたいこれくらいの金額で販売されています。

コスパで選ぶなら、コストコの牛タン!

コストコ牛タンの塊肉の方が値段は安いですが、消費期限が短い中で多くの量を食べなければいけないため、食べたい量や人数に合わせて選ぶのがおすすめです。

広告
スポンサーリンク

コストコ牛タンスライスは冷凍できる?

コストコ牛タンスライスを冷凍保存したあとでも美味しく食べられるイメージ画像

コストコの牛タンスライスはコスパが良いですが、量が多く余ってしまうこともあるのではないでしょうか。

もし余ってしまった場合、冷凍保存ができる!

冷凍保存のやり方も簡単で、

  • 下処理を全て終わらせる
  • 水分をよく拭き取る
  • 1枚ずつラップで包む
  • 密閉できるジップロックなどに入れて、冷凍庫へ

ポイントは下処理をしっかり終わらせておくことと、水分をよく拭き取っておくことです。

下処理が不十分だったり、水分が残っている状態で冷凍してしまうと、腐る原因になってしまうだけでなく、冷凍後のお肉が不味くなる理由にも繋がります。

冷凍させた後に食べる際は、自然解凍をしてからお召し上がりください。

また、消費期限が短いため、冷凍していても期限以内に食べるようにしましょう。

コストコ牛タンスライスのまとめ

コストコの牛タンスライスを食べるイメージ画像

ここまで、コストコ牛タンスライスがまずいと言われる理由から、下処理・保存方法までご紹介しました。

ここまでご紹介した内容は以下の通りです!

血抜きの方法水・重曹で洗った後、牛乳に漬けておく!
下処理の方法切り込みと筋切りをする!
値段コストコの牛タンスライスが一番安い!
冷凍保存は?水気をしっかり切れば大丈夫♪

 血抜きや冷凍方法を正しく行うことで、まずいと噂されているコストコの牛タンスライスも、美味しく食べることができます!

コストコは値段が安いですがお肉自体がまずいことはありません。

血抜き・下処理は家によくある塩や牛乳で簡単にできるので、ぜひ一度試してみてくださいね♪

広告
スポンサーリンク

コメント